筋トレを女性が自宅で行う方法

女性の場合は、ジムヘ行って筋トレではなく自宅で軽いストレッチをしてそのまま寝てしまうという人も少なくないでしょう。しかし、自宅での軽いストレッチだけでは、決して自分の理想とする体型を手に入れることは出来ません。

 

でも、女性がジムで筋トレをするのはちょっと気が引けるという人も中にはいるでしょう。そんなジムに行く勇気が今一でないという方の為に、ここでは、女性の筋トレに関することの中でも、女性が筋トレを自宅で行う時のメリットとデメリットをご紹介してみましょう。

 

女性が筋トレを自宅で行うメリット

まずは、自宅で行うメリットからご紹介していきます。

お金がかからない

ジムへ通うとなると、毎月の月謝が必要になりますが、自宅で筋トレを行う場合には、筋トレマシンや筋肉サプリを購入しない限りはお金はかかりませんので経済的にもありがたいです。

好きな時間にトレーニング出来る

仕事が激務の人はジムに行きたくても行く時間がないということがありますよね。その点、自宅で筋トレを行えば自分の好きな時間に筋トレに励むことが出来ます。

順番待ちがない

人気の筋トレマシンを使おうとすると、ジムだと並んで順番が来るのを待たなくてはいけないということがありますが、自宅では順番待ちはありませんのですぐに行うことが出来ます。

 

女性が筋トレを自宅で行うデメリット

次に、自宅で行うデメリットについてご紹介いたします。

限界まで追い込むことが出来ない

一人で自宅で筋トレを行うと、もしも潰れてしまった時に起きあがることが出来ないので、自然とブレーキがかかりがちです。

鍛える部位が少ない

ジムの場合は、色々な筋トレマシンがあるため、体全体を鍛えることは出来ますが、自宅で行うと相当の筋トレに関する知識がなければ体全体を鍛えることは相当難しいです。

危険が伴う

ハードな筋トレを行う時には、危険が伴いますので、自宅で女性が一人で筋トレを行うのはとても危ないです。そのため、自分の行いたい筋トレが出来ない場合もあります。

 

このように、女性が自宅で筋トレを行うには色々なメリットとデメリットがあるということが分かりました。つまり、本当に筋トレでしっかりと体を引き締めたいと思うなら、自宅で行っていては限界があるということです。

女性が自宅で筋トレを行うことのまとめ

いかがでしたでしょうか?筋トレを自宅で行うと、「費用が少なくて済む」「時間を選ばない」「順番待ちがない」というメリットがある一方、「筋肉を限界まで追い込むことが出来ない」「鍛える部位が限られる」「ハードな筋トレを行いたい時には危険が伴うのでなかなか出来ない」というデメリットもあることが分かりました。

 

つまり、女性が筋トレでしっかりと筋肉をつけたいと思った時には、自宅だけではなく、ちゃんとジムに通って筋トレを行わないと自分の理想とする体型には近づくことが難しいということが分かりました。